読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんともならない

Life abroad

超久しぶりにblogに戻ってきた。何か書き散らかしたくなったのだ。

前回の更新から213日も経っててうわって思ったけど(7ヶ月やん)、正直その間、人様にご報告するような何かがあったかといえば、特にない!ていうか人のためになるようなことをウェブで書ける人って凄いよ!アルファツイッタラーとかさ。凄いよ!

この7ヶ月やっていたこと/やっていなかったこと

英語

DMM英会話のおためし授業を受けた後これはなかなか良いものだなと思ったものの、生活の不規則さ(出張が多い)からwebレッスンが全く習慣化せず。ただ仕事で毎日喋ってるので上達はしている気がする。私は元々文法はそれなりにOKで絶望的な語彙力のなさと英語の苦手意識が直結しているので、英単語をやろうということで、いま高校生に大人気(らしい)のmikanという英単語テストアプリをやっている。

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan

  • mikan Co.,Ltd.
  • 教育
  • 無料

センター試験レベルのは流石にさくさくと終わり、いまはTOEFL向け単語テストを気が向いたときに受けている。英単語に対し4択で訳語が出てきて選択する。つまり1単語に対し原則1つの訳語なので応用は効かないが、自分のような暗記が目的でなくなるべく英単語に暴露したいというぬるま湯英語話者からすると 、ああこんな言葉もあったな、という感じで参考になる。用例紹介もあり、リンクをクリックするとweblio辞書に飛ぶというカワイイ仕様…(いいのか?)

まださすがに全く見たことも聴いたこともない単語には出会わないが、正答率は順調に落ちてきて、TOEFL向けRank8で正答率9割くらい。…トホホ情けない。

良い子はこの程度の英語力でも海外駐在余裕でなれるよ!って覚えておこう。

色々行きました。強迫観念的に無理やり出かけようとしていた感も否めず旅疲れしていたような気もします。

f:id:takemyhands:20160905103105j:plain
ノルウェー西部の港町ベルゲンの山の上からの風景。フィヨルドに囲まれて贔屓目に言ってちょうきれい

ただまあ確実に言えることは、駐在などの時間限定で渡航している人は多少無理をしてでもいろいろ出かけるべきだとは思います。いまは冬で日も短くてテンションも上がらないので引きこもりがちですが、ドイツの都市部にいると、ヨーロッパ全域ほとんど飛行機で2時間以内とかでいけちゃうので、後から後悔するより行動するよろしと思います。

最近考えていること

とにかくこのインターネット村においては、どこにいようが日本にいるようなものです。今も日本契約のapple music聴きながらこれを書いているし、Amazon prime videoで映画を見たり、Kindleで日本の本や漫画を読み、スマホでニュースに精通し、結局は自分のメーン言語のあれこれに触れることに忙しく、それらを完全に断ち切って現地化するのは難しいことだなと思います。

特に私なんてドイツ語も学習せず、英語も半端でゴリ押ししているので、現地人脈を築いていくことはほぼ不可能。いや、自分では、スクールにも通わずにDHLのおにーちゃんやパン屋さんとはギリギリ意思疎通しているから自分偉いやんとかちょっと思ってるよ!鉄道のアナウンスがだんだん何言ってるか分かるようになってきて感動したもん。

 

生活の中で、その時々で、BBCやイギリスのテレビを見たり、いろいろ技を駆使してオリンピックを見たり、今は10月からやってるドラマ #逃げ恥 に夢中だったり、とにかくネットを通じて飛び込める文化に思い切り浸かりながら過ごしているけど、それはせっかくの海外生活なのに…と考えたら、ノイズ…なのか?

自分の中で、たとえば自分の手元からアクセスできちゃう日本文化と、現地文化・時事と、私の大好きなイギリスのあれこれがあって、どういうプライオリティで自分を晒していくのか?というと、結局今は日本が1位にある。かんたんに繋がれてしまうから。ネットがなかったら、日々の日本語読書(←そんな読んでないけど)やツイッター時間の埋め合わせに英語の本やドイツ語の勉強を充てるかもしれないし、全く違う暮らし方がありえるかもしれないけど、結局私の心は日本にいるまま。

そんなもんかなーと思う。

たまに、あかんあかん、と思って、情報化の海からあがって旅行とかに行く。それですこし現地に浸ると満足して、また心を日本に戻しても良いこととする。その繰り返し。

私の暮らしの目的は、海外にいることじゃないんだな。

今ここにいることは仕事のキャリアパスの延長線上にあるってだけであり、別に私は海外に出てきたくてしょうがなくて今こうしているわけじゃないんだな、と。

だから、手に入れられるものはなんでも手に入れていくべきと思うけどそれは”持ち帰る”ためだなあと。スキルも思い出も物品も、持ち帰るために手に入れているのだなあと。

それを「勿体無いと思うべき」という考え方もあるかもしれないけど、私は、"帰る人"なんだなあと。

f:id:takemyhands:20161126081323j:plain自宅の近所のクリスマスマーケットにて。かわいい小物がたくさん見つかる。