読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

130223 aiko tour LOVE LIKE POP vol.15 add.

music

aiko tour LOVE LIKE POP 15 add. さいたまスーパーアリーナ公演行ってきました。aikoのたまアリ処女を奪ってきました!私は菅野よう子タナソニに続き2回目だから中古やな…

 

f:id:takemyhands:20130224153120j:plain

調子にのって買いまくったグッズやライブ中に貰った物など。

iPhone裸派だったのにケースかわゆいとつい買っちゃう人になりつつあり、何故か2個も買ってるし…!折りたたみジャンプ傘(戻りもジャンプ!!)も戻りが感動過ぎて買っちゃうし…!めっちゃかわゆいけど仕事には持っていけないよ、カラフルイラスト炸裂しすぎでww

---

セットリスト
  1. ジェット
  2. 白い道
  3. Power of Love
  4. より道
  5. ココア
  6. 恋のスーパーボール
  7. くちびる
  8. Aka
  9. 傷跡
  10. 二時頃
  11. カブトムシ
  12. ぬけがら
  13. 運命
  14. 相合傘
  15. キスする前に
  16. be master of life
  17. クラスメイト
  18. 自転車 (En.1)
  19. 桜の時 (En.2)
  20. beat (En.3)
  21. おまけのお見送りの歌 〜 アリーナ200レベル300レベル

---

 

いや〜楽しかったです。そんなシンプルな言葉しか出ないくらい。

自分自身、いろんなライブに行ってきて、ホール・アリーナ・野外と馴れて、払ったお金に対して”こんなもんかな”っていう到達点を知っていて、それは悲しいさがかもしれないけど、aikoは真面目すぎるなってくらいきっちり、気持ちよく、お客さんから受け取った物(それはお金だけじゃなく、こころも)を返していく。

まごころのMC、最新鋭の演出(特に今回照明がすごく良かった!、変にごりごり組んでないのにシンプルにミニマルにきれいだった。センターステージのLED吊りがすごかった。○列×○行の四角にLEDが並んでいるんだけど、吊る高さを制御して雪が降ったり赤く燃えて飛び上がったり、aikoの周りをピンクの花が囲んだり…。そしてお客さんの手首にはザイロバンド! http://xylobands.com/ )、モチのロンでキレッキレな演奏陣。。aikoは会場の奥までつっきった花道を走りまわってお客さんとの距離を埋めてくれるから、その頑張ってくれるところと走っていくその姿かわいさに、私もしかしてaikoやったらホールライブよりアリーナのほうが好きかも…?!なんて思ったり。

 

演奏は、今回は元気のある跳ね回る曲よりも、ミドル・メロウなボーカル・演奏の上手さの際立つ歌のほうがグッと来ました。

 

「より道」〜「ココア」でまずズキュン。より道の弥吉さんギターリフイントロから始まってだんだん盛り上がり、静かになり、と鼓動のように繰り返してくアレンジがすごくかっこいい(アルバムバージョンですね)ココア(秘密の恋の歌)もミドルテンポと佐野康夫のDr.の相性が素晴らしいです。。ココアのCD持ってないから買わねば買わねば…!

そして「ツアーで歌い続けてきたことでさらに大切な歌になった」と語った「Aka」で藤堂昌彦ストリングス登場!ステージのモニターのとこどーんてひらいてバーンて出てきたよね!可動部すげー!そしてみんな凄い衣装普通ですごー!(笑)歌の最後、ステージが暗転して赤いLEDと照明で視野が真っ赤になりストリングスが間をつないで…センターステージにバンドメンバー登場っ

 

センターステージで演奏された「傷跡」と「二時頃」がまたまた最高でした。

「傷跡」は変拍子を含んだ、生きてるリズム隊のうねりとオルガンの跳ね回りが気持ち良い歌。個人的には佐野さんが…!ステージに居るときより近くに来てくれたから…!シンバルの残響が生音で届いてきてキュン…

「二時頃」はセンターステージの照明機材をフル活用した演出。天井吊の丸い骨から降るピンクの照明、そして冒頭で書いたLED吊り照明が上下に動いて波を描いたり雪が降ったり赤いたましいみたいなのがぼぅって舞い上がったりする。私はベストアルバム収録の音源しか持ってないのですが、ライブの演奏のほうがシンプルでメロウですごく良かった♡音源はオルガンや弦や打ち込みリズムが前面に出てるんだけど、ライブだとギターベースピアノドラムって基本編成で淡々と進むからいいのかな。アコースティックな雰囲気が良いんだろうか。

 

この2曲で胸がいっぱいになってしまった私は、そこそこ元気な曲が続いた後半戦はとにかく揺れ揺れ揺れ揺れリズムに委ねていたのでした。

 

「be master of life」で恒例のバンドメンバー紹介。メンバーがaikoのお題に合う曲をソロで演奏してその出来栄えをお客さんが判定します。今回のお題は「春」。

何度観てもハラハラするこの場面。だって一人、音階出ない人いるじゃないですか〜佐野さん!!しかもaikoからお題がでると、メンバーはそぞろにお題に合わせた曲の練習を始めるのですが、一人aikoが喋ってる間もリズムを刻み続けるヤスオ・サノ40代裸眼男子…ひどい!みんな練習しているのにこき使いすぎやがな!しかもリズム係なので、他の人は大喜利みたいに挙手で発表していくのに佐野様アンカー限定ですからね。オチ担当かよ〜ぷんぷん。

で、わりかし何人もX(えっくす!!)となり惨敗気味のところで回ってきた康夫様…私の前回参加(LLP vol.15 NHKホール"テレビの定番曲")では「サザエさん」を見事スネアとシンバルだけで演奏して、オオオオオ・当然「◎」、となったが、今回は…って…

…ビバルディの四季より「春」



えーっとえーっと、え?スネアだけで?クラシック?私には通じなかったよ?ていうかそんな選曲?!他の人「CHE.R.RY」とか「赤いスイートピー」とかだったよ?

これくるんじゃね、伝説の「うんこX」くるんじゃね?

と思ったら普通に「◎」でした。みんな優しいな…ていうか私、佐野さんが「X」だったことまだ無いよ〜スネアで音階出せるの凄いから温情で◎やったら嫌だなあw いつかへぼい演奏してうんこXになるところ見たいです(ひどい)

※ちなみに1回演奏した後、何の曲だかいまいち伝わらなかったらしくやり直しするか・しないかのやり取りしている間の、シュクンと肩ちぢまして恐縮してる佐野さんが…いつになく…ギャグで滑ったエ◯パー伊◯みたいだった…なんて、私は思ってないよ☆

 

---

 

そんなわけで、お前、aiko観に行ったんじゃなくて別の何かを観に行っているだろう?!と疑惑の付きそうな1日でしたが、私の何列か後ろにはCANOPUS Tシャツ佐野康夫モデル(通称:さのーぷすT)めっちゃ着てるカップルが「ざのっぢぃぃぃ!ざのっぢいぃい!」て叫んでたから私なんてまだまだかわいいもんです。たぶん。

今回、前回のツアー通じてvol.15として2回ライブを見て、たつたつさん(佐藤達也さん・Key)のファンになってしまったので、つくづくミドルエイジ好きやな私…と反省しながらもこれからもバンドメンバー含めaiko愛を深めていきたいなあと思った次第です。

 

まとめ?(通常盤)

まとめ?(通常盤)

BABY

BABY