読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トル竜キッズは全員感傷ベクトル聴け!

music

感傷ベクトル - ストロボライツ

トルネード竜巻曽我さんが(全部かは知りませんが)たくさんサウンドプロデュースに関わった作品がリリースされます。
動画の曲はプロジェクトの1曲目ですが、ex.スクパニのリズム隊がベースとドラムを担当。じっと聴いていると、前半ドラムのスネアが前面にミックスされているのにだんだん引っ込んでくるのが面白い。

感傷ベクトル、なる、漫画家ユニットであり、バンドである2人組が、CDとcomicとDVDをいっぺんにパッケージします。
漫画のテーマソングとして全10曲が書かれていて、パッケージのcomicにはwebで公開されているフリーコミックに加えて続編も収録されているそうです。

私はあほなので、漫画は読んでいなくて、曲はiTunesで買いためてきたのだけどパッケージ買います。
「パッケージの売り方」の未来の姿をぼんやり考えながら。

初回盤、通常版、DVD付きAタイプ、BD付きBタイプ、CDショップにより違う特典、レコード会社オフィシャル通販での限定プレゼント、投票券、握手券、ハイタッチ券、などなどなどなど。
それらは消費者からお金を集め、それを音楽に還元し、よりよい音楽を製作し、よりよい音楽を消費者に渡し、それによって消費者も音楽家もレコード会社社員も株主も幸せになるためのスパイラルなのに、要るようで要らないような微妙な気持ちで”初回限定盤A”を手にする私が白目になるのは何で?

ということは感傷ベクトルとは一切関係ないのですが、そういう気持ちでパッケージを買います。
それでいて、配信ではあまり買わないので、やっぱりあほなんだと思います。

古いCDのジュエルケース捨てて不織布ケースに変えて部屋を広くしつつ、むかしのレコードみたいに盤面つまみ上げながらCDを探すのって結構楽しいなとか考えています。

そういう気持ちでパッケージを買い、1枚あたり50円くらいのコストをかけながらジュエルケースを捨てています。

捨てています。音楽の器を捨てています。音楽が捨てられないから、器を捨てています。


シアロア(DVD、コミック付き初回限定盤)
感傷ベクトル
ビクターエンタテインメント (2012-08-03)
売り上げランキング: 4064

↑ということで、トルネード竜巻・曽我さん(や、ギターの二木さん、ドラムの柿澤さん)、ex. School Food Punishmentメンバーなどなどもサポートしている感傷ベクトルフルアルバムと漫画とDVDです。DVDは漫画から起こしたアニメ?で宮野真守とか出るらしい。

↑レビューでもしようかと思って写真とりながら整理してたんですけどあんまりいい話でもないし、MEDIA PASSとかCD整理とかぐぐったら割とどこにでも出てくるかんじです。手持ちの資産は600枚くらいしかないので、これで一気に部屋広くしよう〜〜と思っています。

ところで就職以来初めて本気ビンボーに悩んでいます。残業抑制で手取りが2/3とかなって、CDどころかこんな収納用品とか買ってる余裕ないです。部屋のエントロピーを増大させたらお金貯まるって言われたら私は自室を犠牲にするぞ!ってくらいお金ない。