悩みが見えてくる - 情熱 × 行動力

 20年近く前のインターネット黎明期ってテキストサイトに何書いても自由だったんですよね。役に立たない便所の落書きが多かった。若さにかまけて自分語り。

 インターネットに広告が現れて、アフィリエイトが現れて、文章を書くことが金銭的価値を産むようになって、金銭的価値のない文章って淘汰されましたよね。簡単に検索やリンクでたどり着けないくらいのアングラに引っ込んでしまっただけなのかもしれないけど。でも普段、金銭的価値がありそうな文章ばっかりネットで読んでいると、自分が今度便所の落書きを書きづらくなってくるんですよ。

 だからブログに手が伸びなくて、twitterinstagramの簡潔さが求められる世界でウゴウゴやらざるを得なくなってるんだなってなんとなく思って。

 

 でもそう言う”べき論”って自分が自分を鎖にはめてるだけだから、勝手に書いたらいいよね。

 


 

 私いい年なんですけど(#bbaタグが似合うお年頃)、年をとるほどに自分が見えるようになってきて、ああ女子高生のころとか、大学生の頃とか、院生で研究うまくやれなかった頃とか、五里霧中だったんだなあ、暗中模索だったんだなあ、いまJKになればもっとうまく人生運用できるだろうなあ、とか、誰でも思うようなことを最近とみによく思うんですね。

 当時何を勉強すべきだったか、あの恋愛は真面目にやるべきだったとか、さっさと捨てるべきだったとか、就活はああやればよかった、仕事はこう進めればよかった、27歳位で海外に出ておいたほうが良かったとか、まあ色々と。

 特に海外に出るタイミングについては、32歳で外に出てみて、なるほどサラリーマンを続けていくぶんにはこれからもまた海外進出のタイミングは作れるだろうとは思いつつも、たとえば海外で大学(院)に入り直すとか、MBA取りたいとか、そういうことが中々叶えにくい年齢になっていることに気付いた。強い意志があれば全然32歳からでもできると思います、むしろ就業経験が熟してきてるから良いタイミングとも言えるかもしれない。けど、独身で32歳で(今はもっと行ってる)、学生…?結婚は?出産は?いろんなことを逆算していくと怖くなって尻込みをしてしまう。飛び出せるかは意志次第。

 

行動力 

 32歳のときに海外に行くと決めて、サラリーマンらしく社内で手続きを踏んで堀を埋めて埋めて、進出の足場を整えたとき、自分にここまで行動力があるってことにかなり驚いた。

 

 人間の能力っていろいろなパラメーターがある。わかりやすいのは、勉強と運動。小学生の頃からその2つは別個の能力として測られていたよね。私は運動が人間未満の出来で6歳くらいで既にやる気を失っていたので勉強だけ頑張ってた。

 勉強はそれなりに得意だけど、ずっと1位にはなれないような位置でフゴフゴしていた。第一志望の大学もたぶん受かんないな〜と思ってギリギリの綱渡りを渡ろうとしたらやっぱり落ちた。別の私大に通ってる間も勉強は落ちこぼれないようにギリギリのところをなんとか帳尻合わせて、入りたい研究室に入ったり、成績優秀者がもらえる奨学金もギリギリで貰ったりしてた。

 私は無難には成功したいなと思ってた。別に超有名な経営者とか、大金持ちとか、そういうものには興味はなかったけど、お金には困らなくて、将来子どもが生まれたら良い教育を受けさせてあげられる…とか、そういうものにはなりたいなと思っていた。

 で、そのためにはたぶん学校の勉強とか無難にできておいたほうがいいんだろうなとか、無難な会社に入っておいたらいいんだろうなとか、極めて適当な目算によってダラダラ生きてきたところがあって、いつの頃からか、勉強ができたはずの自分だったのにめっちゃ行き詰まってた。一応優秀だったはずなのに半端な凡人になっていた。

 

 そして、「無難な成功」でさえ指の間からするりと落ちて消えていく危機感とかもあって、今に至る。

 

 爆発的に成功している人、日本で目立つところと言ったら孫正義さん、ファーストリテイリングの柳井さん、堀江貴文さん、似鳥さんとか…昔は地頭が良いから成功したんだと思ってたけど(そういう要素もあるだろう)、よくよく本や記事を読んで人となりを触れるに、どちらかというと向こう見ずにガッと行動することで、10000個の失敗と10個の誰でもできる成功の上に、1つの爆発的成功をおさめているのだなあと理解できるようになった。とにかくバンバン行動する。バンバン失敗もする。成功するまでやめなければ最終的には必ず成功するんですよね。1勝10000敗でも勝つまでやめなければ全敗で終わることはない。

 

 行動力ってどこからくるんだろう。

 生来ほんとうに、自然になんでも行動に移せる人っていますよね。飛び込んじゃうし飛び出しちゃう。本当に尊敬します。

 

 優秀や、成功は、行動のあとに続いてくる結果なのだと気づいたのは#bbaになってからです(おっそい)

 地頭が良ければ、バットで上手に球を打って点を取れると思ってた。それは多分そうなんだろうけど、地頭が良くても野球場で試合に出られるわけじゃない。俺は、布団の上でごろごろしているのだから。起き上がって着替えて家を出て、野球場に行って、チームに入れてもらって、試合に出してもらって、バッターボックスに入るという、都合7、8プロセスを経ないと、バッドで球を打って点は取れないのだ。め、めんどくせえ。

 地頭が良くておしまいの人は、バットを球に上手に当てることばかりに集中して、並行してチームに入ることをしてない、というわけです。

 

 じゃあチーム入りましょう。起きましょう、服着替えましょう、出かけましょう、チーム入りましょう。行動しましょうイェイェイ!

 『ヤダ!めんどくさい!!!』

 

 という話なんです。行動しない側には行動しない理由があるんじゃよ!ほっとけ!

 

情熱と行動力

 最近、若くしてアントレプレナーシップを発揮して成功している人の話を聞く機会が何度かあったんです。

 孫正義さんの若い頃+髪、みたいな感じのすごい人ばかりだった。バンバン行動してバンバン失敗して小さい成功をコツコツ積み上げて今の地位にある人たち。バンバン行動のエネルギーに圧倒される。

 

 私はそういう人のエピソードを聞くたびにわりと苦しさを感じるタイプだったと思う。”嫌な日本人”のステレオタイプかも。ひがんでるわけじゃないんだけど、気持ちよく感動して「すごーい!」て思えてなかった。

 その理由が最近ようやく分かるようになってきたんですね。私はたとえば32歳で海外に出た!みたいなビッグチャンスを行けるなと思ってコツコツ実現させることはできてたけど、99回コケる前提で100回行動する!というのができなかった。失敗が怖いんじゃない。100回も行動するような”ネタ”がないんですね。やりたことがない。あーこれもいけ好かない日本人のステレオタイプだね。

 

 そんなバンバン動くほどバンバンバンバン来ないやろ…と思ってたんだけど、その成功者の人が「これ面白いでしょ!面白いでしょ!」とバンバン見せてくる事例を眺めていて思ったのは、「あ、私、物事を面白いと思う感覚がめちゃめちゃ鈍いな。感動の沸点が高すぎるんだな」ということ。面白いなというのは分かるんだけど、すげー!と思ってのたうち回って「仲間に入れてください!!!!」っていう行動を起こしちゃう、第二次宇宙速度は簡単には出ない。

 

 情熱がないんだ。

 

 歳を重ねて人から「クール」と呼ばれることが多くなったけど、たぶん本当に読んで字のごとくクールだったんだろう。燃えてない。

 自分で面白いことを作り出して自分で燃えることもできず。人のやってる面白いことに飛び込んで引火されて燃えることもできず。

 行動力がないの前提に、情熱がなくて燃えていない自分を見つけて、突然、冷たい液体の金属のなかを空気もないまま漂っているような、寂しい孤独な気分になった。

 

 この話はここで終わりです。

 

 う つ ん さんは、どうやら情熱を持てば行動力が伴って起爆力を持って飛んでいけるようだ、という法則を発見したものの(遅い)、自分の情熱のなさについてはまだなんのTipsも見つけていない。

 

 成功者の一人との会話の中で、どうやったら情熱を燃やせるのか?と訊いたところ、訓練だ、と。勝手に燃えられないなら、面白いことしている人におっかなびっくり近づいて燃やしてもらうんでもよいから、と。人から暖めてもらっているうちに燃え方が分かるようになるから、と。

 

 なるほど、it makes sense... などと思いながら、冷たく寂しい気分の中で、次何をどうしていったら楽しく燃えて行動できて、そして「無難な成功」をできるかな?と、考えているだけの週末です。

帰国した日記 #1 女性的役割を求められる

こんにちは。う つ ん です。ブログ書く癖、定着しません。

4月から日本に戻って働き始めました。

日本に戻って思っていることを淡々と書こうと思います。

 

#1 女性的役割を求められる

不快感を抱いたわけではないということを大前提として置いておきますが、先日面白いことがありました。職場の新年度の集まりでちょっとした立食パーティーがあったんです。そこに役員も来ていました。

場の人数は30〜50人くらいだったかなあ。

 

まずはっと気がついたのは、女性が自分しか居なかった。部署的には5,6人居てもいい場面だったんだけど不参加だったんですね。お酒も出るパーティーだったし、18時を過ぎてたので、定時帰宅マストの人はやりくりしないと出られないわけで、おそらく大半が、子どもの世話をするなどの理由で帰ってしまっていたためと思う。

逆に、男性はしっかり出席していて、これはこの手のイベントがあるときには「帰れない」という事情が通りやすいからだと思う。

 

そしてさらにはっとしたのは、自分が役員に呼ばれて対応をしていたとき。酒つがれて飲まされるのかと思いきや、水割り作ってこいという。フム。まあ別に水割りを作るのはかまわないので作る。渡す。

また呼ばれる。おかわりが飲みたいという。作る。渡す。

 

何度かやって、あれ?これ自分が女性だからなのかな〜と思い始める。日本の洗礼だなと思い始める。女性としての役割意識。

別に人のために水割り作ってあげるくらいなんてことはないのでやるし、それを不愉快とか思わないんだけど、役割意識として「水割り作る係は女性」っていうのは当然引っかかる。だけどそんなん指摘して自分が得すること無いじゃないですか。だから言わない。

 

言わないけど、水割り作る係なんて男でも女でもどっちでもいいんだよね、本来。

なんでその時となりにいた人に頼まずに私を呼んだのかな?って本人に聞いてみないとわからない永遠の謎。

 

※私の発想が性差区別をしてるだけで役員が女にやらそうと思った証拠はない、という指摘は認める。

※ドイツにいたときは、女性だからという理由が匂う状況でお茶くみや片付けなどを頼まれると断る女性がいた。自分の職務範囲にカバーされてないから、とか言って。役員に頼まれたらやってたかもしれないけど(←これはゴマすりや雇用の維持・安定の意味が出てくる)。

※出席者のキャラクターによって、この手の場面で「水割り作りたがりマン」が出現するケースも多いような気がする。というか過去に同様のパーティーに出たときは大抵部長クラスくらいの中間管理職がべったりして役員にゴマすってた気がする。

池上彰「世界を変えた10冊の本」

こんにちは。う つ ん です。私の住んでいるドイツの某地方、今週末雪の予報だったのですがまだ何も降りません。欧州各所で雪害や低温が話題になっているんですが、私の街には◯造でも来ているんですかね…まあ寒いは寒いです。来週は最高気温-4℃とかでやばい!

さて、年が明けてから順調に読書をしております。え?前回の本は読書にカウントしないって?いーよーべつにカウントしなくていーよー。べー

 

教養クライシスを感じたときに

私の中の池上さん

私は池上彰氏のこと結構好きです。テレ東で選挙解説をやるようになってから、インターネット村のギーク達の間でも愛されていますよね。私は彼の、なんやかんや”俺の意図”が有りげな物言いが好きです。元NHKですから、報道の中立性についてはプロ中のプロと思いますが、池上さんのコメントに100%万歳!て従っていくとなんだか偏向してきている気持ちになるところが…好きです。

たびたび佐藤優さんと共著を出しているところもポイント高い。佐藤優さんは元・外交官でロシアというか東欧の専門家で、いまは文筆業メインと思いますが、キリスト教を信仰されているとされていて神学修士をお持ちで、キリスト教に関する解説書もたくさん書かれている一方でここのところ創価学会とも距離が近く、私はこのことを、彼は日本人がどうも避けがちな"宗教"ネタをつぶさに日本語で日本人に対して解説することをライフワークとしているのかしらん、などと勝手に思っています。池上さんもたびたび宗教と選挙の関係を解説し、選挙のたびに宗教系とされる政党に激しく切り込んでうわーてなりますが、二人の共通点って宗教をタブー視しないで前面から扱って誤解や偏見、差別のない社会を目指しているのかなあという気は致します。

宗教をフラットな目で見つめるためには世界史の理解が不可欠で、特に宗教が悲しい戦争やテロの火種となっているいまを冷静に見るためにはイスラエル成立後の現代史の理解も大切。

世界史の授業1年間受けて、年間コマ数の時間切れで現代史が全部無かったことにされた理系ちゃんの私(=日本史を履修していない)は、世界史、近現代史、宗教、というのは正に弁慶の泣き所のようなもので、ヨロパに暮らすとそのあたり現地人は普通にわかっている前提で話してきたりするし、「バカだと思われたくない…!」という動機でいろいろ捗ってしまう見栄っ張りのう つ んさんとしては世界史の勉強待ったなし…!となりますね。

記録によれば15年11月末あたり(欧州に引っ越した直後)にこの本を購入した私…単純!!(だがそれが悪くない)しばらく前に読んだのでディテールは忘れましたが、以下の本もおすすめしておきます、、、

 

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)
文藝春秋 (2015-11-06)
売り上げランキング: 6,562
欧州ビジネスパーソンが求められている教養?!

欧州でリーマンとしてうごうご生活していると、とくにエグゼクティブとの飲みなどでは教養の高い話題が不可欠となります。「日本発のbuzzネタでPPAPというのがあってね〜」とかそういうのは要りません。

昨年2016年は、欧州テロ、Brexit、トランプの当選などなど、中々にハイソサエティな話題が目白押しでした。最低限の知識を持った上で自分の意見も持っていないとなかなかしんどい。教養がないと大変です。尻が浮きます。忍法「教養が要りそう場面で突然理系ぶる」の術は理系ギークならば誰もが使えると言われていますが、私の場合そうはいいながら「バカと思われたくない…!」という見栄も同時に発動するわけですからもう大変。簡単そうな入門書に手を出してドーピングです。

ということで、今年は読書しちゃうもんね〜〜堂々とドーピングしちゃうもんね〜〜〜と思ってポチったのが池上さんの以下の書籍です。

 

世界を変えた10冊の本
世界を変えた10冊の本
posted with amazlet at 17.01.14
文藝春秋 (2014-03-14)
売り上げランキング: 660

この本は本当に私のような手っ取り早いドーピングを志向するものにピッタリでありまして、世界に大きな影響を与えたことが想像に難くない以下の10冊の要旨を述べた上で平易に解説してくれるという優しさの本です。

  1. アンネの日記アンネ・フランク
  2. 聖書
  3. コーラン
  4. プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神マックス・ウェーバー
  5. 資本論カール・マルクス
  6. イスラーム原理主義の「道しるべ」(サイイド・クトゥプ)
  7. 沈黙の春レイチェル・カーソン
  8. 種の起源チャールズ・ダーウィン
  9. 雇用、利子および貨幣の一般理論(ジョン・M・ケインズ
  10. 資本主義と自由(ミルトン・フリードマン

ざっと眺めてみると、中身までは説明できなくてもタイトルや著者は見たことがあるものがほとんどですよね。ていうか私は、まともに理解しているのはアンネの日記ダーウィン種の起源くらいのもので、聖書も新約と旧約の違いくらいしかわからないし、コーランに至ってはこれだけテロであれこれ大騒ぎなのに何も分かってないことに読んでみて初めて気づくわけです。

このラインナップは単純に池上さんがある雑誌に10回に渡って連載した企画だからということで10点なのですが、そのチョイスが絶妙で、現代史を"宗教と戦争と経済"という側面から眺めようと試みているわけです。

ひとつひとつの書物は(6を除いて)独立してまともなことを言っているけれども、世界史における人類同士のいさかいの多くが宗教の違い、経済の違い(または格差)によって発生している。両論並立できない場面がとても多い。しかし、(かたち上はもう終わった冷戦も含め)その並立できない事情、いさかいの事情を理解するためには、ただ「戦争なんてやめなよ」「人殺しなんて」「核兵器の開発なんて」と思うだけではなく、それぞれの事情や行動の動機、原典に立ち返るべし…と思うのです。

実際、私も原著を読むかどうかは別として…w 原著の解説をもっと深く知りたいと思うものがたくさんありました。特に、マルクス資本論や、ケインズ理論などの経済のさわりの部分は、自身が腐ってもビジネスパーソン笑または金ころがしならば、いまいちど理解をして世界をしっかり世界の単位で見られるようになりたいものだと思います。

また、日本人からしたらどうも不気味で謎の存在であるイスラム教。コーランの中身やイスラム法の運用についてなどは、あくまでこの池上さんの本は入門であまり深く述べられていませんから、別の本でしっかり学んだほうがいいのかも。いや〜イスラム教が、ユダヤ教キリスト教が引いている旧約聖書新約聖書を啓典としてはしないものの同じ源流に持っているなんて知らないよね!ムハンマドがいきなりアッラー(神)から色々言われたからそれを広く伝えただけだと思ってたよ。ユダヤ教キリスト教イスラム教が引いている神は同一の存在なんだって…は〜ぐぅ教養。

イエスが神からいろいろ聞いたのが西暦20〜30年で、ムハンマドが神から色々聞いたのが西暦610年頃ですが、実はイスラム教においてはイエスもムハンマドと同じく預言者とみなされているそうです(ちなみにモーゼも)。間違ってもイエスはイスラム教においては"神の子"ではないんですけどね。アッラーは一人だけですから。イスラム原理主義は異教徒を異分子とみなし、排除して理想のイスラム国家をつくりたいと思っているけれども、実はキリスト教イスラム教もおそらくは存在した同じ人を源流に持っている…面白いはなしです。

 

ということで、本日は教養ドーピングについてお話させていただきました。ふぅ

 

世界を変えた10冊の本
世界を変えた10冊の本
posted with amazlet at 17.01.14
文藝春秋 (2014-03-14)
売り上げランキング: 660